ロゴ
Home>特集>医療事務の資格の概要

医療事務の資格の概要

事務員

医療事務関連の資格試験の特徴

医療事務関連の資格は全て民間試験です。毎月開催されており、何度でもチャレンジが可能なので、受験までの期間があくことはありません。どの試験も参考書を持ち込み、見ながら回答ができるので暗記する必要もありません。

スーツの女性

医療事務資格試験の難易度

診療報酬請求事務能力認定試験が一番難易度の高い試験ですが、それ以外の試験の難易度はそれほど変わりません。問われる知識が変わるのでそれぞれの勉強をしっかりしておけば難易度は高くないと言えます。

医療事務

短期間で取得できる資格とは

医療事務認定実務者の試験が一番難易度が低いと言われています。1か月から2か月程度の学習で合格することができます。その後仕事で使う知識を身に着けることを考えれば、慌てずにしっかりと知識を身に着ける方が得策です。

医療事務を目指すときに取得しておくといい資格

院内

診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士の資格

レセプト業務に役立つ診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士の資格は難易度が高いですが、レセプト業務ができることを端的に証明してくれます。

ホスピタルコンシェルジュの資格

患者さんへの対応スキルを磨くならホスピタルコンシェルジュの資格がお勧めです。丁寧な対応が求められる病院受付業務に必要なことを体系立てて学べた上で資格試験に臨めます。

医療事務認定技術者の資格

難易度の低い医療事務認定技術者であれば最短1か月程度の学習で合格できます。この資格を取って就職した後、次の資格取得のためにコツコツ勉強するのも有効な手段です。

医療事務管理士の資格

医療事務管理士の資格はレセプトがきちんと点検できることも証明してくれます。最終チェックを行うのは人の目です。正確性が求められる業務ができることが分かる資格です。

広告募集中